ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

ハダカデバネズミの群れには、自分の体で赤ちゃんを温める「ふとん係」が存在するらしい

横田 絢

横田 絢

2020.10.25 17:00

ハダカデバネズミという動物を見たことがあるだろうか。

名前の通り、裸で、出っ歯なネズミである。体に毛がほとんど無いためピンク色の皮膚が露出し、長い一対の前歯は皮膚を突き破って生えている。

なんとも奇妙な姿の生き物だが、その生態も不思議だ。

彼らは群れを作って暮らしているのだが、その群れにはこんなヒエラルキーがあるらしい。

ハダカデバネズミ・ピラミッド(Chii★69(コムギコ)さんのツイートより)
ハダカデバネズミ・ピラミッド(Chii★69(コムギコ)さんのツイートより)

この画像は、ツイッターユーザーのChii★69(@xChiixCoxRocksx)さんが2020年10月14日に埼玉県こども動物自然公園(東松山市)で撮影したもの。

ピラミッドの最上部に位置するのは、「女王」だ。その下に「王さま」、「兵隊」と続き、最下層には「穴掘り係」「掃除係」「食料運ぶ係」「ふとん係」などの役職のハダカデバネズミたちがいる。

気になるのは、「ふとん係」という役割だ。一体、どんな仕事をしているのだろう。

積み重なって「もぞもぞ動きながら」...
続きを読む
PAGETOP