ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

傍若無人!? スーパーで目撃した迷惑「高齢者」客の大暴れ

ご近所トラブル調査団

ご近所トラブル調査団

2015.07.26 11:00

「今どきの若者」よりも、よっぽど怖いのは――?

Jタウンネットで先日「スーパーの迷惑・非常識客」特集を公開したところ、さらなる反響が各地の読者から続々と寄せられた。といいますか、公開から2週間近く経った今も、「告発」のメールが届き続けています。

というわけで今回は、編集部に舞い込んだ投稿の中から、「高齢者」客にまつわるエピソードを中心に紹介したい。

刺身醤油をそんなに何に使うの

行きつけのスーパーの鮮魚コーナーでは、お刺身を買ったお客は刺身醤油とワサビのパックを自分で取るようになっています。
あるとき年配のおじさんが、袋詰め用の透明ビニール袋を手に、鮮魚コーナーに現れました。そのおじさん、ガッと刺身醤油を鷲づかみにし、袋にいっぱい入れたのです。30個くらい?
ちょっと前に「必要な数だけ持っていくように」と張り紙がしてあったので、誰がそんなことをしているのかな?と思っていたけど......あんな人がいるなんて、絶句でした。(愛媛県・40代女性)

壮年の男性客を蹴散らすおばあちゃん

商品を手に取った瞬間、そこから強引に横取りされたことがある。
すごい腕力だった。ちなみに60代ぐらいの女性でした......。(東京都・40代男性)

休憩所で酒盛り始めるじいさまたち

毎週路線バスの安い日に、知り合い同士で集まり、ワンカップを買って休憩所で酒盛りを始めるじいさまたち。
すっかり自分の家気取りで、知り合いを見つけては「おー、こっち来て休め」と呼びつけます。
休憩所は買い物で疲れた人のための場所、酔っ払いのための場所ではないです。(都道府県・年齢不明女性)

商品をいじくり回すのはだいたい年の人たち?

どこのスーパーでも見かける光景――並べてある商品を、奥の方まで掘り返して売り場を荒らしていく客。例外なく高齢者(60代以上と見受けられる)で、賞味期限にこだわるのはもちろん、とにかく商品を1つずつ掘り返して触り、確認しないと気が済まないらしい。
見苦しいので、「他の客(=私)が買う気がなくなるのでやめてくれ」と言っても、「なんで?」「後は片付けてるから」。冷凍食品売り場でパンケーキを掘り返し、散乱させたまま立ち去ろうと注意すると「片付ければいいんでしょ!!」と逆ギレされました。
他にもパン売り場で、商品をつかんで確認した後に、叩きつけるように戻して買わない。あるいは肉のラップのパックに爪を食い込ませながら1つずつ選ぶ。後者を見たときには、ブチギレそうになりました。(神奈川県・50代女性)

岡山銘菓「大手まんぢゅう」のおかげで?醜い争い

某スーパーの銘菓コーナーでのできごとです。田舎のせいか、毎日お供え物などの購入で混雑しています。また、私の住む地域には「大手まんぢゅう」という麻薬のような魅力のお菓子があり、多くの人が目の色を変えて奪い合いをしています。まるでバーゲンのワゴンセールのような感じです。

大手まんぢゅう(OZAKIXさん制作、Flickrより)
大手まんぢゅう #02

そうなると混雑する時間に行くと、結構並んでいたりするのね。なるべく空いているときに行くようにしてるんだけど、夏はお中元で混雑してて......。

で、仕方なく順番に並んで待っていたときのこと。
私含め4人ぐらいが並んでいるところに割り込みしてくるじいさんがいて、店員さんが「並んでください」というと逆ギレ。「ずっと待ってたのに無視してたんはそっちやろーが!」。いやいや、並んで待ってないやんあんた......と思いましたが、結局店員さんが諦めてじいさんの会計をすることに。ところが、そのじいさんの注文の多いこと、長いこと。何が気に入らないのか、自分が頼んだ商品のサイズが小さいだのなんだの難癖付けてやがる......ケースで見て商品決めたんじゃないのかよ!

で......やっとじいさんが帰って、店員さんがホッとした顔をしたのもつかの間。次に並んでいたおばちゃんが「私の方が先に並んでたんだけど!?」と今さら文句たらたら。さっきのじいさんが会計してもらってるときは何も言わずに待ってたくせに、帰ったのを確認してから店員さんに文句言うとかありえなくね? じーさんに直接言えばいいのに。
後ろに並んでる人がいなけりゃご自由にって思うけど、さすがに私、言っちゃいましたよ。「早くしてくれません?」って。店員さん気の毒だったし。
でも一番非常識なんは、あのじいさんなんだけどね! なんでも言ったもん勝ちとか思うなよ!?(岡山県・30代女性)

若者に負けないパワーに圧倒

以上、5人からの投稿を紹介した。

なまじ衰えを見せないパワーがあって、しかも「我が道を行く」度合いが年とともに増しているものだから、周りがたじたじになるのも無理はない。

最後のエピソードに登場する大手まんぢゅうは、岡山市を中心に日常的に食べられているお菓子だ。他地方なら普段はガラガラの銘菓売り場を混雑させる、その人気ぶりには驚くばかり。

あなたが見た「非常識なスーパーの客」教えてください

Jタウンネットでは、あなたが目撃した「スーパーの非常識なお客」についてのエピソードを募集しています。メール(toko@j-town.net)まで、具体的なエピソード、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、ご職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券200円分を進呈します。
なお本コラムでは、いただいた体験談を一部編集・改変する場合があります。あらかじめご了承ください。

PAGETOP