ご飯の前に「手を合わせて『いただきます』」、これって普通?

2015年2月25日 07:00
写真はイメージです
写真はイメージです

食事の前の「いただきます」、何気なく使っている言葉だが、どういう意味があるのか、ご存じだろうか。

一説に、人間は食材である植物や動物の生命をもらって、自分自身の生命を養っている。「いただきます」は、そのことへの感謝を表す言葉であるという。これは、浄土真宗の教えと共通するとのこと。

ただ一般的に、宗教的な意味で使われているかどうかは、定かではない。他の宗派の人でも、「いただきます」と言う場合も多いようだ。

幼稚園のお弁当、小学校の給食時には、声をそろえて「いただきます!」と言っていたような記憶もある。一方で、「いただきます」というのは割合に新しい習慣だという説もある。

また、「いただきます」のときに手を合わせる(合掌する)かどうかは、かなり地域によって差があるという話を聞いたことがある。編集部の20代男性(広島出身)は、何気なく合掌して「いただきます」したところ、「ああ、それは広島の風習だよね」と言われたことがあるという。ちなみに広島は上述の浄土真宗の勢力が強い地域としても知られるが......。

皆さんの地元では、どうだろうか。どんな地域差があるのだろうか?

そこで読者の皆様に質問。

ご飯の前に「手を合わせて『いただきます』」、普段からする?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

東京都 最新記事
2018/1/19

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。...

2018/1/18

かつては「絶対に潰れない」とも言われるなど、「安定」の象徴として世に屹立してきた金融機関。しかしバブル崩壊後には北海道拓殖銀行・三洋証券・山一證券が経営破...

2018/1/18

1922年(大正11)に東京で生まれた柚木沙弥郎は、当館創設者である柳宗悦(1889-1961)の思想と、芹沢銈介(1895-1984)の作品に啓発されて...

2018/1/18

電車に揺られているとき、ふと視線を上げると目に入るのが中吊り広告だ。週刊誌の中吊り広告などは、見出しを見ているだけでなかなか暇つぶしにもなる。「ずんぐりむ...

2018/1/17

特別な存在ではなく「日常の生活を豊かにするもの」「良質で長く愛されるもの」を作ることを目指した多摩地域の作家の活動グループ「多摩クラフト協会」の協力を得て...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ