舞台は登録文化財の老舗旅館! 東京・荻窪で朗読劇上演

2017年10月 2日 13:00

国の登録有形文化財に指定されている東京・荻窪の「旅館西郊」内で、岸田國士の名作3作の朗読劇が2017年10月6日から3日間、上演される。

旅館西郊は、大正時代の1916 年に東京都文京区本郷の下宿屋としてスタートし、関東大震災をきっかけにして、31年に荻窪に移転して本館を建てた。

東京都 最新記事
2018/1/23

入口のドア前に「威力業務妨害」しているネコがいます――東京・東池袋のカフェにこんな貼り紙が掲げてあったと、ツイッター上で話題になっている。ドアを開ければど...

2018/1/22

2017年12月19日。東京の上野動物園ではジャイアントパンダ「シャンシャン」の公開がスタートし、予約が殺到したことは記憶に新しいだろう。その競争倍率は4...

2018/1/22

関東甲信地方を中心に2018年1月22日午前から雪が降り、東京都内などに大雪警報が発表された。国土交通省が「不要不急の外出」を控えるよう発表し、帰宅ラッシ...

2018/1/22

2018年1月19日に引退を発表した小室哲哉さんが多摩地区、府中市出身だということは、意外によく知られている話だろう。そのつながりから、2016年12月に...

2018/1/22

2018年1月15日、横須賀市は同市にある「日本遺産」のシンボルキャラクター「逸見(へみ)エモン」が誕生したと発表した。日本遺産とは「地域の歴史的魅力や特...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ