東京駅の桜の開花は、2月22日! ひと足先の春の装い「黒塀横丁」がアツい

2017年2月21日 18:00
提供元:株式会社鉄道会館

山形県の早咲き桜「啓翁桜(けいおうざくら)」の枝約3500本が、2017年2月22日から3月10日までの期間限定で、JR東京駅八重洲口地下1階の商業施設「黒塀横丁」を飾り、東京駅にひと足早い春の訪れを告げる。

啓翁桜装飾イメージ
啓翁桜装飾イメージ

啓翁桜は真冬に促成室の中で薄紅色の花を咲かせ、一足早く春を演出する。太い幹を持たずに何本もの枝がまとまってひとつの株を作るのが特徴だ。山形県では1970年代に促成栽培が始まり、全国一の出荷量を誇る。

啓翁桜の装飾に合わせ、桜を食材に使用した全16種のメニューが楽しめる「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」が開催。目だけでなく、香りと味わいでも桜を楽しむことができる。

桜を食材に使用したメニューが大集合
桜を食材に使用したメニューが大集合

桜の香りと米沢牛の旨味広がる春の一皿「"春の訪れ"米沢牛冷しゃぶと桜ジュレ 山形の春野菜添え」や桜づくしの特別ちょい呑みセット「カリー(乾杯)セット」、蒸し焼きで香りと旨味をギュッと凝縮「知床鶏と桜の葉の紙包み焼き」、桜色も美しい和風ハイボール「桜ハイボール」など、味も見た目も華やかなメニューが揃う。

「
「"春の訪れ"米沢牛冷しゃぶと桜ジュレ 山形の春野菜添え」

「カリー(乾杯)セット」
「カリー(乾杯)セット」

「知床鶏と桜の葉の紙包み焼き」
「知床鶏と桜の葉の紙包み焼き」

「桜ハイボール」
「桜ハイボール」

また会期中には、館内に日本の花見をイメージした浮世絵のフォトスポットが登場。 3月4日の14時・16時・18時には、黒塀横丁内のフォトスポットの脇で広目屋(チンドン屋)によるパフォーマンスが披露される。各回先着50人(合計150人)に啓翁桜の枝花の無料配布も行われる。

浮世絵フォトスポットイメージ
浮世絵フォトスポットイメージ

2月24日には「プレミアムフライデー」もスタートする。いつもよりひと足早く帰って、東京駅で"ひと足早い花見"をするのも楽しいかも知れない。

「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」特設ページ
http://www.tokyoinfo.com/news/fair/kurobeisakura.html

(企画編集・Jタウンネット)

東京都 最新記事
2018/2/19

2018年2月18日、京王電鉄・井の頭線は下北沢駅付近の橋の架け替え工事を行うため、始発から渋谷駅と明大前駅の間の上下線で運休した。当初、午前11時ごろま...

2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

2018/2/19

「蒲田(かまた)」と「蓮田(はすだ)」、良く似ている。「蒲」と「蓮」の漢字が、実にまぎらわしい。間違えられることもけっこうある......ということで、埼...

2018/2/18

読者の方々の中に、個人で電車の貸切りをしたことがある人はいるだろうか。残念ながら記者にはないが、「貸切」と表示された電車を見かけると、普段は単なる移動手段...

2018/2/18

ダンボールへぴったりフィットしている様子の猫が非常に可愛い――こんなツイートが2018年2月6日に投稿され、話題になっている。あ、梱包のプロだ pic.t...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ