実は××区にはスタバがない! 東京23区出店数ランキングは意外な結果に

2015年11月29日 11:00
「スタバの出店数が、街の都会度をはかる目安になる――」

こんな噂も囁かれるほど、どこか「都会的」なイメージが強いスターバックスコーヒー。実際、首都・東京には全国で最多となる288店舗が立地している。その一方で、47都道府県で最も出店が遅かった鳥取は、長らく「スタバ空白地帯」だと揶揄され続けてきた。

だが、そんな鳥取のことを全く笑えない「東京23区民」がいたことを、みなさんはご存じだったろうか。実は2015年11月現在、いまだ「荒川区」と「江戸川区」にはスタバが出店していないのだ――。

スタバ出店数ナンバーワンの区は、いったいどこ?

東京23区内のスタバ出店数をランキング化すると、以下の図表のようになる。

気になる結果は?
気になる結果は?

港区(40店舗)、千代田区(38店舗)など集中的に立地している区があるにも関わらず、荒川区と江戸川区への出店数はゼロ。同じ23区の中にも、大きな「スタバ格差」が存在することが分かる。少し意外だったのは、杉並区(3店舗)と中野区(1店舗)の結果だ。若者の多い印象が強い両区に、ほとんどスタバ出店していないとは驚きである。

ところでやっぱり気になるのは、「スタバ未出店区」の汚名を返上するのはどちらが先か、という問題だ。この件について調べを進めていくうち、どうも気になる噂を見つけた。15年11月中旬ごろから、ツイッター上で「荒川区にとうとうスタバがやって来る」という噂が盛んに呟かれているのだ。

――だが、どうやらこの情報はデマのよう。11月5日に、とあるユーザーが投稿した「マクドナルドの跡地にスタバが出店するんだよね?」という願望を込めたコメントが拡散し、いつしか「荒川区への出店決定」という話に変わってしまったらしい。

ちなみに、同じような噂はかつて江戸川区でも流れたことがある。15年4月頃、ネット上で「小岩にスタバがオープンする」という話が出たのだが、これも同じく真っ赤なウソであった。

つまりは、こんな根も葉もない噂が流れるほど、両区民はスタバの出店を熱望しているわけだ。はたして、先に喜びの声を上げるのはどちらの区の住民だろうか。

「特集」の最新記事

2017/3/27 17:00

宮城県石巻市で2017年の夏に開催される、アート、音楽、食を扱う「Reborn-Art Festival 2017」の概要発表会が、3月22日、代々木Vi...

2017/3/16 17:38

2017年3月15日、Jタウンネット編集部に山形の「つや姫レディー」キャラバン隊が訪れた。今年で発売から7年を迎えた、山形のブランド米「つや姫」をPRすべ...

2017/2/24 21:00

廃墟となった元遊園地「化女沼レジャーランド」(宮城県大崎市)について、まもなく売却先が決まる見込みだという。「TEAM酷道・廃墟」のよごれんさんを中心に企...

2017/2/23 11:00

待ち合わせ、蒲田じゃなくて京急蒲田だった......、という経験をした人は居ないだろうか。名前は似ているのに、電車で向かうと乗り換える必要があるなど、地味...

2017/2/15 06:00

御朱印の転売問題は以前から繰り返し語られている問題だ。神仏を参った証の御朱印をネットオークションに出し、高値で転売することで利益を得る行為はマナー違反であ...

埼玉県 最新記事
2017/3/26

クイズ・診断投稿サイト「トイダス」から、ユニークなトイをピックアップ! 「うおり」さんの今回のクイズのテーマは「伊豆急」。あなたは何問解けますか?

2017/3/25

東京のようで東京ではない瞬間を多く感じる23区外の都民。そんな23区外の住民のあるあるを考えてみました。

2017/3/24

Wei-Te Wongさん撮影、Flickrより落語家の月亭八方さん(69)の息子で、落語家でタレントの月亭八光さん(39)が2017年3月22日、バラエ...

2017/3/24

いらすとやのイラストから、あなたにぴったりのキャラを勝手に判定します。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ