まさかの「和風ハードロックカフェ」、京都に爆誕 中身と外観のギャップがすごそう

2019年6月13日 18:00

ロックがテーマのアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」が2019年7月12日、京都にオープンする。

出店場所は祇園白川で、町屋づくりの外観をもつ世界唯一の店舗が誕生する。ハードロックなのに、外観は純和風なのだ。申し訳ないが、違和感がすごい。

店舗外観のイメージ
店舗外観のイメージ

外観もさることながら、店内も和を感じさせる作りになっている。

店内イメージ
店内イメージ

およそロックミュージックと合わなさそうな雰囲気ではあるが、そのギャップが今までにない刺激を期待させてくれる。

フードメニューはハンバーガーをはじめ、サンドイッチ、ステーキなどの定番に加え、京野菜をアレンジしたものや、伝統的な和食の要素を加えた京都ならではのローカルメニューも登場する。

ハードロックカフェといえばグッズも欠かせない。Tシャツやキャップ、ピンズ、グラス類といった店舗の所在地が配されたグッズも勿論販売。全世界に数万人いるとも言われるピンバッジコレクターも必見のデザインになりそうだ。

ロックショップのイメージ
ロックショップのイメージ

日本の伝統工芸品をアレンジした商品も販売されるとアナウンスされており、京都土産の新定番がここから生まれるかもしれない。

ツイッターでは、

「建物と内容が合ってない気がするけど、行ってみたくなるわね(苦笑)」
「素敵!京都ならでわの雰囲気ですね!」
「京都のハードロックカフェ、イカすやんけー!!」

などの反応が寄せられている。

国内だけでなく海外のファンからも注目されるだろう新店舗。京都の新名所になる日はそう遠くないように思う。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ