「草津違い」で滋賀県の草津市に... そんな「うっかりさん」、ガチで結構いるらしい

2019年1月 8日 20:00

読者の皆様は「草津」と聞いて、まず何県を思い浮かべるだろうか。

草津温泉の隣町で生まれた記者にとっては「群馬」以外の選択肢は考えられなかったのだが、上京してしばらくすると、どうやら事情が違っているらしいことに気づいた。

18年10月に行われたふるさと納税のイベントでは職員が草津違いの「あるあるネタ」を披露(草津市役所広報課提供)
18年10月に行われたふるさと納税のイベントでは職員が草津違いの「あるあるネタ」を披露(草津市役所広報課提供)

そう、滋賀県の「草津市」である。町と市の違いはあるものの、まったく同じ字で、大変紛らわしい。そして、どうやら滋賀県草津市が「草津違い」で悩んでいるらしいのだ。

Jタウンネット編集部は2019年1月7日、草津市広報課担当者を直撃し、思うところを聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ