グルメ  > 

驚きの5時間待ち! それでも美味しかった谷中の「ひみつ堂」

2013年8月 7日 12:30

   Jタウンネット編集部のIです。編集長から「今年の夏は暑いから、どこかでいいかき氷の写真を撮ってきて」と言われ、先週の日曜日に都内を回ってきました。ネットで調べてみると、かき氷の著書もある女優の蒼井優さんイチオシの店があるということで、台東区谷中に向かいました。

お目当てのひみつ堂「大波かき氷」"
お目当てのひみつ堂「大波かき氷」
日曜昼下がりの谷中は外国人観光客の姿もちらほら
外国人観光客の姿もチラホラ

   JR日暮里駅から、谷中の階段「ゆうやけだんだん」を降りて左へ。ところが午後1時ころ、お目当ての「ひみつ堂」に着いてみると、女性店員さんから「5時間待ちです」と言われ呆然。整理券をもらって夕方まで時間をつぶすことにしました。

列の最後尾では店員さんが整理券を配っています
列の最後尾では店員さんが整理券を配っています

   ぶらぶら駅に戻ると、途中に「あづま家」という昔ながらの喫茶店があったので「氷いちご」を注文。現れたのは富士山のような美しいシルエット。トッピングに選んだソフトクリームが大正解でした。お店がガラガラだったのが残念です。

いかにも昭和な雰囲気の軽食喫茶
いかにも昭和な雰囲気の軽食喫茶
シルエットも味もいい感じです
シルエットも味もいい感じです

   それでも時間はまだまだあるので、JRに乗って埼京線十条駅徒歩3分の「だるまや餅菓子店」へ。天然氷の「特選宇治金時」はボリュームがあり、抹茶シロップとあずきがマッチして男性店員さんが言うとおり「料理のように食べられるかき氷」でした。

店は十条銀座商店街にありました
店は十条銀座商店街にありました
値段は1180円とちょい高め
外見も和の趣があります

   午後6時に「ひみつ堂」に戻り、少し並んで店内へ。「大波かき氷」の見かけは「これ、ちゃんと蜜がかかってるの?」というほど淡白ですが、ひと口食べると優しい甘さが絶妙。「こ、これはうまい!」と思わず感嘆が漏れてしまいました。

写真では見にくいですが底の方は青色です
写真では見にくいですが底のシロップはブルーです

   上は「はちみつレモンミルク味」で、底の方にくちなしの色素で海の色が表現されています。使っている氷は、日光天然氷蔵元・三ツ星氷室の天然氷。店名の「ひみつ」は、実は「氷と蜜」に掛けているのだそうです。

   今回の教訓としては、かき氷の有名店めぐりをするなら、土曜日の午前中から始めるのがオススメということ。あとは、かき氷を数時間で3杯食べるとお腹を壊すので、時間を十分に置いた方がいいということです。

   今回紹介しただるまや餅菓子店とひみつ堂は、東京・名古屋を中心においしいかき氷を実食&レポートするブログ「トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)」でも取り上げられています。

あなたがこの夏に食べた「忘れられないかき氷」を教えてください。かき氷の写真に商品名、お店の名前と場所、味わった感想などを書いてぜひ送ってください。味はもちろん外見のインパクトが強烈なかき氷も投稿大歓迎。下記のコメント欄から投稿し、ぜひ宣伝してあげてください。寄せられた情報はJタウンネットの記事で取り上げることがあります。寄稿や投稿の方法はこちらをご覧ください。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ