額縁をついたて代わりに活用 とある喫茶店のコロナ対策が完全にアートだと話題に

2020年5月26日 20:13

突然だが、こちらの喫茶店の様子をご覧いただきたい。

絵画みたいだ...(画像はユキノ(@yukikaze19991)さんから)
絵画みたいだ...(画像はユキノ(@yukikaze19991)さんから)

こちらはツイッターユーザーのユキノさんが2020年5月24日に投稿した写真だ。

カウンターと店主の間に設けられた、ついたてに注目してほしい。間切りが、絵画などを掲げる額縁であることに、気づいただろうか。投稿者のユキノさんは、この光景について、

「額縁が並べられ その奥で店主が珈琲を淹れていて 絵画の中の人みたいにみえる。凄い」

と呟く。額縁をつい立て代わりにするなんて、お洒落すぎる発想だ。

この喫茶店の取り組みにツイッターでは、「素敵」「センスの塊」といった反応が寄せられ、話題になっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ