ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

その発想はなかった... 江戸時代の死刑囚が連行されたルートを巡る「市中引き回し」スタンプラリーに反響

井上 慧果

井上 慧果

2021.06.27 11:00

江戸時代に行われていた「市中引き回し」の刑。

死刑囚を馬に乗せ、罪状を書いた木の捨札や紙で出来た幟(のぼり)で取り囲み、処刑場まで連れていくという刑である。

罪人は、当時囚人を収容していた伝馬町牢屋敷から出発し、江戸中で「見世物」にされた。

そんな「市中引き回し」のルートを巡るという斬新すぎるスタンプラリーが実施され、ツイッターで話題となっている。

スマホで参加できる(画像は大江戸今昔めぐり制作委員会 事務局提供)
スマホで参加できる(画像は大江戸今昔めぐり制作委員会 事務局提供)

その名も、「市中引き回しラリー」。

ビーマップ(東京都千代田区)、菁映社(東京都豊島区)、フジテレビジョン(東京都港区)から構成される「大江戸今昔めぐり製作委員会」提供のスマートフォン向け古地図アプリ「大江戸今昔めぐり」内で実施されている特別企画だ。

江戸時代の罪人と同様に伝馬町牢屋敷から出発し、アプリの古地図とスタンプラリー機能を使用しながら全66か所のスポットを巡る。

全てのスタンプを集められた人は、伝馬町牢屋敷跡から約2キロメートルの位置にあるビーマップ本社に行くと認定書と記念品の「古地図扇子」がもらえる、といった仕組みになっている。

江戸時代に思いを馳せて
続きを読む
PAGETOP