ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

「ないものはない」掲げる謎のスーパー 自信?それとも開き直り?真相を聞くと...

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2019.08.05 06:00

静岡・松崎町にあるスーパー「サンフレッシュ松崎店」が、インターネット上でちょっとした話題になっている。

それは店の看板の上にある「ないものはない」のフレーズだ。

サンフレッシュ松崎店 (C)Google
サンフレッシュ松崎店 (C)Google

ツイッター上では、「自信なのか怠慢なのかわからない」「品揃えに対する絶対の自信なのか、はたまた開き直りなのか。よく分からない」などの反応が。どうやら、知る人ぞ知る珍(?)スポットとして君臨しているらしい。

では、この「ないものはない」はどういう意味なのか。Jタウンネットが、店を取材した。

衝撃の回答

このキャッチフレーズだけでは、「なんでもある」「ないものはないから諦めろ」どちらの意味にも取れてしまう。

とはいえ、品ぞろえの豊富さも大事であるスーパー。その自信を表す前者の意味である可能性が高いはずだ。

そこでサンフレッシュ松崎店に電話し、三田商店スーパーサンフレッシュの社長から話を聞いた。

質問はただ一つ、「ないものはない」の意味だ。すると、担当者はこんな回答を始めた。

「半分シャレなんですよ・・・」

取材した筆者が一瞬固まってしまった。

詳しく聞くと、元々は別の場所で小さな商店を営んでいた。そこで生まれたのが「ないものはない」のフレーズだ。冗談でつけたというが、地元では「ないものはない店」として名の知れた存在になった。

確かにインパクトが強すぎる (C)Google
確かにインパクトが強すぎる (C)Google

そして現在のスーパーサンフレッシュを開店する際に、

「インパクトがあって良い」

と以前から馴染んでいたフレーズをそのまま利用した。

では、見た者はどう受け取れば良いのか。

「正解はないと言いますか、見た人が好きに解釈していただければ」

まさかの回答だった。ということは感じたままがある意味正解と言える。

ちなみに松崎店以外にも店舗があるが、西伊豆町にある田子店でも「ないものはない」が掲げられていた。

サンフレッシュ田子店 (C)Google
サンフレッシュ田子店 (C)Google

PAGETOP