北海道の広さを理解しない非道民に、地元から衝撃の画像が投稿される

2016年2月25日 17:00
画像はイメージです(Dom Patesさん撮影、Flickrより)
A map of Hokkaido in food

北海道では、道外の人からの何気ない一言に困ってしまうことがあるという。こんなツイ―トが2016年2月19日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな一言なのか、確認してみよう。

ツイートしたのは、地元のゆるキャラ「ジンギスカンのジンくん」の公式アカウントだ。これは北海道の広大さが原因で、北海道を良く知らない道外の人からの「え、旭川にいるの?いま私札幌!あそぼうよ!」という一言に、北海道民が困ってしまう状況を説明している。感覚としては同じ北海道ということもあって、それ程距離はないように感じてしまうのだが、実際に札幌から旭川までは、名古屋~大阪間とほぼ同じ距離で電車で2時間程度はかかってしまう。簡単に「あそぼう!」と誘われても、対応に困ってしまうのはやむを得ないことかもしれない。

このツイートには、こんな反響が。

北海道が大きいことは頭の中では分かっているつもりでも、同じ北海道だからと言うことで、それ程距離がないように感じてしまうのは分かる気がします。今回地図を見て、どのくらい距離があるのかが分かって、改めてその広さに驚きました!(ライター:a rainbow)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ