存在しなかった(かもしれない)甲府城天守閣を「再建」したい地元の言い分

2014年6月10日 11:15

日本人の天守閣に対する想いは格別なものがある。明治時代に解体された(会津)若松城や、戦災で失われた名古屋城や広島城も地元住民の願いによって戦後再建されている。山梨県甲府市にある甲府城址(現舞鶴城公園)も立派な天守台を有し、市街地を見渡せる展望台として市民に愛されている。さぞ立派な天守閣が建っていたのだろうと想像されるが、天守閣についての資料は何も残っておらず、「そもそも天守閣はなかったのでは?」という声もある。

一方、同市は毎月200人ペースで人口が減少しており、中心部の商店街はシャッターを閉めている店舗が多数見られる。そこで商工会議所や商店街連盟などから「天守閣を建てて町おこしを!」という声が高まっているのだが、行政当局は難色を示している。2014年6月8日に放送された「噂の東京マガジン」(TBS系)は、天守閣整備に揺れる甲府市の実情に迫った。

舞鶴城公園から見た甲府市街地(Mizue Murakamiさん撮影、Flickrより)
R1013669
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ