全国の市町村が「最寄りの県庁」に所属したら? 眺めるだけで面白い「妄想地図」に反響

2019年7月18日 20:00

「47都道府県」という広域地方公共団体は、どのように作られたか、ご存じだろうか。

明治維新後、廃藩置県(1871年)が行われ、さまざまな紆余曲折を経て、1890年(明治23年)、1庁(北海道庁)3府43県となった。その後、東京府が東京都となり、北海道庁が北海道に変わるが、基本的には明治時代からあまり変わっていない。

現在、府県合併や道州制なども議論されているというが、いま一つ具体的にならないような気もする。はたして「47都道府県」はこのままでよいのだろうか......、なんてことを考えていたところ、次のようなツイートに目がとまった。

投稿者は、「各市町村が、最寄りの都道府県庁所在地がある都道府県に所属するとしたら?」というテーマで、「市町村役場から都道府県庁までの、車での所要時間」を調べたようだ。その結果をマップとして投稿している。

全国のマップ。国土地理院タイルの白地図をもとに、「代官@旅ブログ『47の記憶』」さんが加工・作成した(「代官@旅ブログ『47の記憶』」さんのツイートより)
全国のマップ。国土地理院タイルの白地図をもとに、「代官@旅ブログ『47の記憶』」さんが加工・作成した(「代官@旅ブログ『47の記憶』」さんのツイートより)

いったいどんなマップだろう? 詳しく見てみよう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ