大切なのは「あおりよりみのり」 JA組合員が作った農業ポスターが完全にアレだった

2019年9月26日 06:00

野菜がたくさん積まれた軽トラックに、その脇にいる農家スタイルの男女。一見すると農業をテーマとしたほのぼのポスターだが、なんだかどこかで見たことがある構図のような...。

注目すべきはそのキャッチフレーズ「あおりよりみのり」。これって、もしかして――

既視感がある(画像はFragolApe@FragolApeさん提供)
既視感がある(画像はFragolApe@FragolApeさん提供)

そう、このポスターは茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」をパロディーしたものだ。

何かを叫んでいるような男性はネギが入ったカゴを担ぎ、「豊作」と書かれた帽子と長靴を着用。女性も農園フードのようなものを被り、ガラケーではなくニンジンを構えている。何も知らない人から見れば、ちょっとワイルドな農作業中の夫婦だ。

このポスターは福島県のJA東西しらかわ農青連中部支部(@JA81497539)のメンバーであるFragolApe(@FragolApe)さんが2019年9月14日にツイッターに投稿。ポスターに対しては、

「購買意欲を煽ってますねぇ」
「これは『良いあおり』」
「ネギ生えた」

といったコメントが寄せられている。

なぜこんなシュールなポスターを作ったのか。Jタウンネットは9月20日、FragolApeさんに話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ