なぜ鹿児島の黒豚は「歩く野菜」と呼ばれるのか 「薩摩の謎理論」の歴史を調べてみた

2019年9月25日 06:00
これが話題の「歩く野菜」キャッチコピー(楽天市場内の「黒かつ亭」ページより)
これが話題の「歩く野菜」キャッチコピー(楽天市場内の「黒かつ亭」ページより)

ツイッターでは、思いもよらぬものが話題になる場合がある。

上の画像がその一例だろう。噴煙を噴き上げる桜島をバックに、丸々と肥えた黒い豚がデザインされている。これはエクセルフーズ(鹿児島市)運営「黒かつ亭」が出店する楽天市場内のページに掲載されている。

話題になっているのは、そのビジュアルではない。「歩く野菜」というコピーの方だ。「サツマイモで育った」と付けられているが、説明になっていない。草食動物はみな「歩く野菜」なのだろうか。

どう考えても、豚を「野菜」と言うのは無理がある。豚を「歩く野菜」と言い切る、その自信はどこから来るのだろう?

ツイッターには、「ヴィーガンでも食える肉や!」「歩き回る植物」などと冗談めかしたコメントも数多く寄せられている。

Jタウンネット編集部は、「黒かつ亭」に詳しい話を聞いてみることに...。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ