重機で調理!6mの大鍋! インパクトで知られる「日本一の芋煮会」は、山形人と技術の結晶だった

2017年9月21日 06:00

山形県の「芋煮」は、肉、ネギ、こんにゃく、そして里芋を煮込んだ郷土料理で、秋ごろになると親しい中の人々で集まり、主に川辺で「芋煮会」を開く、というのが風物詩だという。

そんな芋煮会の中でも、地元自治体と企業が全面協力している「日本一の芋煮会フェスティバル」は、規模、知名度共にまさに日本一と言えるイベントだろう。巨大な鍋とショベルカーを使った衝撃的な調理の様子をテレビなどで目にした人も多いのではないだろうか。

以下、画像は全て「日本一の芋煮会フェスティバル」協議会事務局提供
以下、画像は全て「日本一の芋煮会フェスティバル」協議会事務局提供

この規格外なイベントについて主催の、日本一の芋煮会フェスティバル協議会事務局に話を聞いてみたところ、すでに伝統芸能の域に踏み込みつつある「祭」の姿があった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ