おでんの具「花こんにゃく」を知っていますか?【都道府県別投票】

2020年9月 8日 10:00

一言で「おでん」といっても、その実態は地域によってかなり差がある。

なんといっても個性豊かなのはその具材だ。大根や卵といった定番の具に加えて、札幌では山菜や貝類、仙台ではさんまのつみれ、金沢ではカニ面や車麩、関東ではちくわぶ、関西では牛すじ......といったそのご当地ごとにそれぞれ違った具材が入っている。

そんなおでんの具材のひとつで、「花こんにゃく」というものがあるのを皆さんはご存知だろうか。

花こんにゃく(画像は編集部撮影)
花こんにゃく(画像は編集部撮影)

「花こんにゃく」とは、神奈川県横浜市が発祥といわれている、かまぼこのような形のこんにゃくだ。一般的なこんにゃくと違い、小麦粉と片栗粉が混ぜ込まれている。 上の部分がギザギザと花びらのようになっているのが特徴で、「かまぼここんにゃく」とも呼ばれている。

横浜生まれ横浜育ちの筆者には馴染みのある存在で、祖父が好物だったこともありおでんや煮物の具としてしばしば食卓にも登場していた。

かまぼこっぽい(画像は編集部撮影)
かまぼこっぽい(画像は編集部撮影)

しかし、この「花こんにゃく」を知っているかどうか、横浜市外出身の友人たちに聞いてみたところ、皆「知らない」という。

編集部内でも同様の質問をしてみたが

「知らないですね...初めて聞きました」(富山出身、M記者)
「知らなかったです、お花型なんでしょうか?」(千葉出身、I記者)
「初耳ですし、食べたことないです」(神奈川出身、S編集長)

との回答だった。同じ神奈川県内でも初耳とのこと、やはり横浜市内でしか認知されていないのかもしれない......。

唯一、花こんにゃくを知っていた兵庫出身のY記者は

「横浜のお店で初めて見て初めて食べて何これ...!? と思いました。めっちゃ好きな食感でした」

とのこと。

そう、「花こんにゃく」は、その独特な食感が魅力なのだ。一般的なぷるぷるとしたこんにゃくよりしっかりしていて、包丁を通すときに、さくっと音が鳴るほど。煮たものを食べてみるとねっとりとした食感もある。

これが横浜市内でしか食べられていないとしたら、何とも勿体ない......。

そこで読者の皆さんにお聞きたい。

「花こんにゃく」を知っていますか?

結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ