第3展示室特集展示「描かれた寺社境内」

2019年11月 7日 10:00

   江戸時代後期には、旅や行楽などの関心の高まりを背景に、各地の名所に関するさまざまな画像が大量に制作されています。今日でも観光の主たる目的地には著名な寺社が挙げられますが、伊勢参りなど宗教的動機を表向きとした当時の旅なら、それはなおさらのことでした。たとえば、緻密な挿絵をともなう地誌である名所(めいしょ)図会(ずえ)において、もっとも頻度が高く、かつ大きくとりあげられているのは由緒ある寺社であり、寺社の由緒や古歌、寺宝などの紹介とともに境内の精細な俯瞰図が添えられています。江戸後期の錦絵の中には、名所図会を模した俯瞰図も散見されます。多くの参拝客を集める寺社そのものが制作に関与した一枚刷の境内図も多数残っています。参拝客は実際にそれを手にとって境内や周辺の名所を経巡ったとともに、旅の土産としても持ち帰ったのでしょう。京都の名所を描く洛中洛外図屏風も、次第に名所尽くし絵の傾向を強めていき、江戸末期には当館所蔵の松川龍椿「京都名所図屏風」のように、有名な寺社の俯瞰図だけで構成されたものさえ描かれるようになります。本展では、主として江戸時代後期に制作・出版された寺社の俯瞰図を約15点紹介します。当時の境内の様子を、屏風などの絵画作品、あるいは名所図会などの版本や錦絵、一枚刷境内図などをとおして概観して頂けます。令和最初の年始に、江戸時代の寺社の境内図を初詣してみませんか。

イベント詳細ページへ

会期

2019年12月24日(火) ~ 2020年2月2日(日)

会場

国立歴史民俗博物館

所在地

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ