肘打ちに足蹴り、強烈タックルも... もはや格闘技?満員電車の強烈トラブル体験談

2019年10月15日 08:00

顔面肘うち、足蹴りも...

まず初めに紹介するのは東京都に住むHさん(26歳女性)の投稿。毎朝8時に小田急線を利用する彼女だが、先に乗車したおじさんが入り口付近のつり革を離さないせいで、思わぬ攻撃を受けるハメになったという。

「先に乗車したおじさんが、ドア上部のつり革を離さなかったため、おじさんの体だけどんどん電車の奥へ...しかし腕1本では耐えられないほどの乗車圧。おじさんの腕は悲しいことにつり革からもぎとられ、その勢いのまま腕?肘が私の顔面へ。謝罪はなかったです...。
とても痛かったというのもありますし、その後もその元凶のおじさんと密着せざるを得なかったですし、もう満員電車では無理につり革につかまらないでほしいです」

肘の攻撃を受けたHさんには謝罪の言葉もなかった。その後、怒りを沸かせながら乗り続けるほかなかったという。

また、東京都在住Aさん(40代男性)は、「半蔵線は乗りたくないですよ!」とぶちまける。どうしたというのか。Aさんは、平日朝9時半頃、永田町から半蔵門線に奥へ詰めながら乗車。すると後ろから思い切り足を蹴られたというのだ。

「痛てっ!!」

と痛みを覚えたAさんが振り返ると高齢女性が即座に、

「スミマセン」

と陳謝したという。これにはAさんも、

「すぐ謝るくらいなら蹴るなよ!次またやられたら警察に突き出そうと思っています。半蔵門線は降りてくる客も乗っている客も異常に殺気立っていて乗りたくないです!」

と怒り声をあげている。即座に謝罪されてもイライラは収まらないのだ。それにしたって蹴るのは良くないことだ。怒り心頭のAさんお大事に。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ