「トイレットペーパーが...」 ドラッグストアに1本の電話→まさかの展開に「和みました」

2020年3月 6日 20:00

「あのぉ...トイレットペーパーやボックスティッシュ...」

これは長野県のあるドラッグストアにかかってきた1本の電話。また在庫の問い合わせだろうか...そう思いつつ店員が出たところ、その内容は意外なものだったという。

「トイレットペーパーやボックスティッシュ...が入ってるような大きなダンボール沢山余ってないでしょうか...?娘が学校お休みになったら『自分が入れるぐらいのおうちが作りたい』と言って...」

電話を掛けてきたのは、娘の学校が休校になったという母親。商品の在庫を聞いてきたのではなく、ダンボールが余っていたら分けてほしいというお願いの電話だったのだ。

話を聞いた店員は喜んでダンボールをたくさん用意し、引き取りに来た母親に渡したという。

欲しかったのはダンボールだった(画像はイメージ)
欲しかったのはダンボールだった(画像はイメージ)

――このエピソードはツイッターユーザーの希緒(@as_afetida)さんが投稿したもの。ドラッグストアで働く姉の体験談だそうだ。

希緒さんは2020年3月5日、上記のエピソードに続いて、

「『コロナのせいで問い合わせ多くて半ばノイローゼ気味だった』『殺伐としたドラッグストアで非常に癒やされた』と姉がここ一週間ぐらいの激務で疲れ果てて痙攣しながら申しておりました...」(カギカッコは編注)

とツイートしている。

「素敵なおうちが出来るといいですね」

Jタウンネットは6日、希緒さんを通してドラッグストアの店員である姉に話を聞いた。

希緒さんの姉が勤めるドラッグストアでは、普段から商品をたくさん購入した客などに不要になったダンボールを渡すことがあるとのこと。今回は処分前だったこともあり、「荷台一台分」のダンボールを渡したそうだ。

「お客様はその日のうちにご来店されました。休校になって困っていたところ、お子様が自発的に自宅で遊べる内容を提案してくれたので助かったとのことでした」

希緒さんの姉はダンボールを渡した時の母親との会話をこのように話しているという。

希緒さんと姉は2人暮らし。姉はトイレットペーパーやティッシュ、除菌グッズなどの問い合わせが続き、通常より早い出勤が重なる、日常業務に支障が出ていると話しているとのこと。子供のかわいらしい思いつきもさることながら、そんな中での思いがけない問い合わせに希緒さんの姉も癒されたということだろう。

ツイッターではこの投稿に対し、

「子供の時の、秘密基地を作ってた時のワクワク感が思い出されて和みました」
「素敵なおうちが出来るといいですね」
「段ボールでおうちか、いいアイデアですね。お姉さまお疲れでしょう。早く落ち着きますように」
「毎日嫌な話題しか無い世の中ですがホッコリさせるお話に癒されました」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ