日本金工をさぐる イセの眼

2020年3月12日 10:00

   属工芸の町として名高い高岡に在する高岡市美術館において、彫金の重要無形文化財保持者故鹿島一谷先生と、ご子息の鹿島和生先生の作品を中心としたイセコレクション約80点を展覧いたします。併せて、細やかな技術と時間を要する金工の仕事に挑戦し、現在、意欲的に制作を続けている金工作家13名の優品約80点を展示して、新しい工夫を施した象嵌、接合せ、鍛金、鋳金など金工作品の魅力をご紹介いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2020年3月19日(木) ~ 3月29日(日)

会場

高岡市美術館

所在地

〒933-0056 富山県高岡市中川1-1-30

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ