仁・義・礼・智・信 宮城に実在する「徳が高すぎる地名」が話題に→その由来は?地元に聞くと...

2020年6月 2日 06:00

宮城県に「徳の高い地名」があったと、ツイッターで話題となっている。

Googleマップの航空写真から作成(C)Google
Googleマップの航空写真から作成(C)Google

場所は遠田郡美里町南小牛田。

Googleマップの地名には、「仁」「義」「礼」「智」「信」などが並んでいる。これらの文字は、儒教の教えである「五徳」そのまま。衛星写真を見ると、田んぼのようだ。

この地名は2020年5月24日、ツイッターユーザーのssnk(@ssnk_72_td_kt)さんが「地名の徳が高い」とGoogleマップのスクリーンショットを添えてツイッターに投稿し、注目を集めた。

あまり見ない地名にツイッターでは

「(旧)小牛田にそんな地名あったとは知りませんでした」
「近くに住んでるのに知らなかった」

といったコメントが。また、「南総里見八犬伝」やアニメ「鎧伝サムライトルーパー」など、「五徳」を取り入れたフィクション作品を思い浮べた人もいた。

しかし、なぜこうした地名が付けられたのだろうか。Jタウンネット編集部は、美里町役場に問い合わせた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ