スイーツ好きにはたまらない...! 夢のような「クレープ自販機」が鹿児島にあった

2019年6月17日 20:00

お手軽にクレープが食べたい...!そんな要望を叶えてくれるのが、鹿児島県を中心に設置されている「クレープ自販機」だ。

クレープがずらり(あやくん@aya_rock3612さん提供)
クレープがずらり(あやくん@aya_rock3612さん提供)

生クリームやフルーツなどの食材を使っているだけに、クレープを自販機で提供するというのは想像しがたい。というか、商品が落ちてくるときにつぶれてしまわないだろうか...?

「鹿児島あるある」の1つだというクレープ自販機、その実態を探ってみた。

ビン入りのクレープ

クレープといえば、円形の生地を三角に折りたたんだような形が特徴的だが、こちらは食べやすい円筒状でビンに入っている。これなら落ちてきてもつぶれることはない。自販機の横にはビン用のケースが置かれている。

ピン用ケースを設置(カゴシマニア@ComKagoshimaniaさん提供)
ピン用ケースを設置(カゴシマニア@ComKagoshimaniaさん提供)

種類はチョコ生クリーム、レアチーズ、チョコバナナ、生キャラメル、地元産のサツマイモ「紅さつま」を使ったクレープも。ケーキやわらび餅が入ったものもあり、なかなか凝っている。自販機の端には入荷日が記載されている。

食べやすいサイズ(真沙みゅん@masamyunさん提供)
食べやすいサイズ(真沙みゅん@masamyunさん提供)

クレープ自販機を投稿したツイッターユーザーのあやくん(@aya_rock3612)さんによれば、自販機は普段あまり利用しないが「たまに食べたくなる」とのこと。

クレープは「マロンマロン」というところが製造していて、自販機は大型スーパーセンター「A-Z」や繁華街である天文館などにある。「天文館は基本売り切れてますね」とのことだった。それだけ、人気があるらしい。

A-Zの自販機で売っているクレープの価格はすべて1個200円、気軽に買える値段なのが嬉しいところだ。会社は違うが宮崎や奈良にもクレープの自販機はあるようなので、クレープ好きはぜひ探してみてほしい。

たまに食べたくなるという(あやくん@aya_rock3612さん提供)
たまに食べたくなるという(あやくん@aya_rock3612さん提供)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ