夏休みにおススメの「北海道ツーリングスポット」

2018年8月24日 13:38

日本のバイク乗りには憧れの地とも言える「北海道」ですが、おすすめスポットをバイクでめぐるには心得ておきたい事があります。
まず、北海道には大自然が広がっているという事。
ヘルメットのシールドなしで走行した場合、口にバシバシ虫が飛び込んでくるでしょう。
次に、人気スポット周辺の路面コンディションがあまりよくないケースが多いという事。
北海道ツーリングには、マシンの選択と必須アイテムの装備が欠かせません!

1280px-R238_2011













おススメスポット 1「宗谷丘陵 白い道」

宗谷丘陵は、氷河時代に形成された地形が残っているそうです。なだらかな丘陵が続く景色は北海道の雄大さを体感させてくれます。
風をさえぎるものがない土地柄を生かした風力発電機が57基も立ち並んでいるのも圧巻ですが、最大の魅力は、白い貝殻を敷き詰めた「白い道」です。
バイクで行くならば、海岸の国道238号から内陸に入って行くのがおすすめのルートです。
北海道にも雨は降りますので、最高の景色をご希望でしたら天候のリサーチはお忘れなく。
白い道自体はダートです。手前でバイクを止めて歩くのもいいかもしれません。


おススメスポット 2「北海道道102号網走川湯線(小清水峠)」
道東を一望できる屈指の快走道路として人気です。
起点は北海道網走市藻琴。終点は北海道川上郡弟子屈町川湯。
総距離45.9 kmの道道です。
峠付近の展望台からは、道内屈指の観光スポット「屈斜路湖」「知床連山」から、オホーツク海まで望めます。


おススメスポット 3「三国峠」
北海道の峠の中で、自動車が走行できる最高地点です。
石狩国・十勝国・北見国という旧地名の境にあったことから、三国峠と名付けられたそう。
度を超えた悪天候のときには閉鎖されることもありますが、夏季ならその心配はほとんどありません。
峠の上士幌側に休憩スポットがありますので、売店と合わせて一休みするのもお勧めです。


おススメスポット 4「宗谷国道(オホーツクライン)」
「宗谷丘陵 白い道」に向かうルートでおすすめした「海岸の238」の名称が「オホーツクライン」と言います。
北海道網走市から稚内市に至る国道で、延々オホーツク海を眺めながら走れる人気のラインです。
サロマ湖などに道の駅が設置されていますので、道産品などをお土産に選ばれるのがおすすめです。


おススメスポット 5「野付半島」
野付半島は全長26キロメートルで、海上に細長く突き出た地形をしています。
ドライブルートの両側に海原が広がっているロケーションは、野付半島ならではと言えそうです。
野付湾では伝統的な打瀬船が航行していることもあるので、タイミングさえ合えばその風景を鑑賞できるかもしれません。
バイクにとっては、この特徴的な風景ひたすら続く直線道路が最大の魅力となります。
都内の渋滞に飽き飽きしているライダーの皆様、北海道ツーリングには日々の鬱屈をきれいさっぱり洗い流す効果がありますよ。
夏休みの思い出に北海道ツーリング、いかがですか?



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイク買取販売店「バイクパッション」

バイク買取販売のバイクパッションです。日本全国のツーリングロードや景色のいい場所、最新のバイクニュースなど、バイク好きな方やこれからバイクの購入を検討されている方に役立つような情報を発信していきます。
富山県 最新記事
2019/10/18

読者の皆様は「とぶ」と聞いて、どういう動作をイメージするだろうか。おそらく、だれかに「とべ!」と言われたら、その場でジャンプする人が多いことだろう。しかし...

2019/10/18

普段、からだを洗う時に何を使うか――。泡立てやすく、ボトル入りで管理もしやすいボディソープを使っているという人が多いかもしれない。しかし、インターネット上...

2019/10/17

眠る猫から立派な鼻ちょうちんが――。そんな決定的瞬間を捉えた写真が、ツイッターで注目を集めている。寒明の鼻ちょうちん見て pic.twitter.com/...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ