脂は大トロ以上! でも「とある理由」で販売禁止...幻の深海魚「バラムツ」を食べたらどうなるか、経験者に聞く

2016年11月 6日 11:00

皆さんは「バラムツ」という魚をご存知だろうか。「とある」理由から販売が禁止されており、市場には出回ることのない深海魚だ。しかし、大トロを超えるほどに脂が乗ったその身は非常に美味であり、実際に試す人も後を絶たない。そのため、ネットには釣り人による体験記が多数見られる。

そんなバラムツを釣りあげて食べた様子をツイッターにアップし、その顛末が話題になった「flanvia」さんに、その味やその後、自身に起きたことを伺った。

爆発は突如訪れた

バラムツの刺身(flanviaさん撮影)
バラムツの刺身(flanviaさん撮影)

冒頭で「脂が乗っている」という風に書いたが、バラムツのこの脂、いや「油」は、人間の消化器官では消化できないタイプのものなのだ。

そのため、消化されずに「そのまま」おしりから排出され、大量に摂取すると、皮膚から油が染み出す「皮脂漏症」を引き起こすこともある。これを「異常脂質」といい、食品衛生法により流通が禁じられている。バラムツ以外にも、深海魚の一部は同様の性質を持っている。

そんな美味しいが危ないバラムツを、刺身を始めとする料理にして食べたflanviaさんは、Jタウンネットの取材に対して、

「最初の釣る動機は、大きな魚を掛けたあとのやり取りを覚える為の練習で、という名目でした。実際マグロ釣りをやる方々が練習で釣ってみたりするそうです。」

と、釣るきっかけを語った。大きな体と強い力を持つバラムツは、釣りの相手にはぴったり。

徳島県発表の「徳島水研だより第61号」にも、

「ルアーフィッシングの対象魚として,近年,愛好家の中で人気が高まっているそうです。これらの魚は,日中水深 400~500mの深いところにいるのですが,夜間に 50~200m水深帯まで浮いてきます。そこをジギングで狙って,強靭な遊泳力と格闘するのがこの釣りの醍醐味のようです。」

という記載があり、以前から釣り愛好家の間では人気が高い魚だ。

また、全身大トロとも称されるその味については、

「味は...うーん...マグロの大トロのもっと大トロ!みたいな...感じっすかね?意外と臭みもなく美味しいです。火を入れると完全に脂の乗ったマグロです。今回新たに煮付けにしてみたのですが、完全にまぐろフレークでした。」

と絶賛。大トロの上を行くトロっぷり、それに臭みもないとなれば一度は食べてみたいものだが......。

しかし、刺身を少し多めに食べた翌日、体に異変が発生する。そう、油がそのまま排出、つまりはおしりから油が垂れてきたのだという。

「刺身で2キレ食べて、その後干物にして一週間冷凍しておいておきました。
休日の土曜日の深夜に3切れ。朝に1切れ&煮付けを食べたら、昼ぐらいに爆発しました。
おそらく晩に食べた量がキャパオーバーしたと思われます...。
ちなみに数年前初めて食べたときは、刺身で8切れ食べたら翌朝布団にぶちけてました。」
「油は下痢とか、便意とかと違って『溢れ出る』って感じです。トロトロでてくる感じですね!便意を感じる頃にはもう出口で油が決壊するギリギリなので、30分に一回踏ん張って強制的に排出してあげないといけないです。」

flanviaさんは、バラムツによる油漏れは便意とは異なることを強調。気づいた時にはすでに遅いため、もし移動中だったらと考えると恐ろしい。美味しいからといって食べ過ぎてはいけない。

その当時のツイートには、その状況の一端が記されている。

最後に、flanviaさんは、今後バラムツ釣りにチャレンジする人へのアドバイスとして、「道具・体力・友達」が重要だと語った。

しっかりと情報を集め、きちんとした道具を揃え、友人たちと釣り船を貸し切って挑むことがおすすめだという。

また、基本的には食用ではなく、体に悪影響を与えかねない魚のため「食べるなら自己責任で!」とのこと。

同様に脂がたっぷり乗った「アブラボウズ」は通販でも購入できるため、どうしてもその身を味わってみたいという人は、こちらを買ってみるといいだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ