カレーなのに「どピンク」! 鳥取が生んだ驚異のグルメ「華貴婦人のピンク華麗」を食べてみた

2015年9月25日 06:00

コスモスの花びらに近い「ピンク」は、女の子らしさや甘さを連想させる色だ。
基本的に女性はピンクが大好き。しかしその面積があまりに広いと甘くなりすぎて、かえって敬遠される。日頃から全身ピンクで固めているのは林家ペー&パー子くらいで、ほとんどの人は差し色として使っている。

これは食の分野でも同様だ。ピンク色の食べ物は、桜もち、アイス、チョコ、ひなあられなど比較的小ぶりなものが多い。もしお皿の上がピンク色にあふれていたら――。普通の人は「これ...食べられるの!?」と目を白黒させるに違いない。

「華貴婦人のピンク華麗(カレー)」は、そんな食品界の常識にチャレンジしたレトルトカレーだ。

華貴婦人のピンク華麗(編集部撮影)
華貴婦人のピンク華麗(編集部撮影)
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ