もしコミケにソーシャルディスタンスが導入されたら→最後尾は名古屋に到達するらしい

2020年7月15日 11:00

2020年冬に開催予定だったコミックマーケットC99。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、7月12日に開催延期が発表された。参加を予定していた人たちは肩を落としただろう。

しかし、もし開催されるとしたらどんな風になっていただろう。

当然、感染症対策はとらないといけないため、ソーシャルディスタンスは保持したいところ。毎回、入場待機列の長さが話題となるコミケだが、2メートルずつ間隔をあけて並ぶとどうなるか...。

そんな検証をした、あるツイッターユーザーの投稿が話題になっている。

2メートル間隔で並ぶと...(画像はshao@shao1555さん提供、編集部でトリミング)
2メートル間隔で並ぶと...(画像はshao@shao1555さん提供、編集部でトリミング)

入場者数を18万人と仮定し、会場である東京ビッグサイト(東京都江東区)から2メートル間隔をあけて並ぶ。その距離はなんと360キロ。Googleマップの経路検索(徒歩)だと、最後尾は355キロ離れた名古屋駅に到達する。

ソーシャルディスタンスを守ると、まさか名古屋まで行ってしまうとは......。ここまでくると、もはや健康な状態で会場にたどり着くことができるかが不安になるレベルだ。

話題になった投稿は中国在住のツイッターユーザー・shao(@shao1555)さんが7月12日に投稿、14日夜時点で3万6000件超のいいねが付いている。

ツイートに対しては、

「東海道コミケですね...!冬に箱根の山の上とかに配置されたらと思うと」
「もう宿場町でジャンル分けしてもいいレベルですね」
「夜並ぶの禁止なんで毎日解散になるからもっとかかります」
「もはや参勤交代」

といった声が寄せられている。江戸に向かって列をなすオタクの行列...ちょっと見てみたい気もする。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ