批判殺到で中止になった鳥取市の「公務員婚活」、いったい何が悪いのか

2015年3月 6日 18:29

気がつけば日本は未婚者だらけの国となり、婚姻率は1970年代前半の半分近くにまで下がっている。
もちろん恋愛と結婚は個人的なことで、他人があれこれ口を出すものではない――という考え方はあるだろう。しかし国や地方自治体の危機感は切実だ。「このままでは少子化や孤独死が進展するばかり。なんとかカップルを増やさないと」と、婚活サポート事業に乗り出している。

鳥取市は「新たな出会い支援事業」を2010年から実施している。具体的には毎年100万円程度の予算を組んで、婚活イベントに対する補助等を行ってきた。
2014年11月には市と地元企業が一緒になり、「すごい!鳥取市婚活サポートセンター」を開始した。

town20150306tottori_supportcenter_poster.jpg

男女各20名程度が参加する婚活イベントや、6~10名の小規模グループが食事をしながら交流するパーティーなどを開催。2月15日の「バレンタイン婚活!」では5組のカップルが誕生した実績もある。

いい感じで推移してきた鳥取市の婚活支援事業。ところが3月13日開催予定の「ホワイトデー婚活!」は中止が決まった。
理由は男性の参加資格が「公務員」に限ったこと。3月6日の毎日新聞によると、5日にイベント内容がマスコミに報道され、「税金で実施するのは許されない」「職業限定は人権侵害では」と内容を批判する電話や電子メールが20件以上あったことから、その日の夜に開催中止を決めたという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ