おかいもの  > 

コストコ開店に盛り上がるひたちなか市民が半端ない 周辺道路大渋滞、徹夜行列組も

2014年4月10日 14:40

外国資本の流通チェーンは日本に定着できない――そんなジンクスを破ったのが、米の会員制倉庫型スーパーの「コストコ」だ。

店舗規模の割には商品の種類は少ない。つまり大量仕入れをすることで破格の安さを実現しているのだが、リピーターが増えているのはそれだけではない。PB(プライベートブランド)商品の品質が良いこと、試食コーナーが充実していること、日本のスーパーでは見かけない商品があること、倉庫っぽい雰囲気が逆に非日常を体感できること、業務用のニーズにマッチしている、などの理由からファンを増やしている。

コストコ札幌(takako tominagaさん撮影、Flickrより)
コストコ札幌

2014年4月10日、日本で19番目の店舗が茨城県ひたちなか市にオープンした。県内ではつくば店に続く2番目。開店は朝の7時だったが、大勢の客が列をなし前日から並んでいた人もいたようだ。消費税増税前の買いだめの反動で、どの商業施設も4月は客足が落ち込んでいると伝えられるけれども、こちらは関係なかったようだ。

同店は北関東自動車道の終点である、ひたち海浜公園ICから約1キロの場所に立地している。当然周辺は大混雑している。

近隣には大型商業施設「ファッションクルーズニューポートひたちなか」や、ホームセンター「ジョイフル本田」が既に営業している。四季折々の花々が咲く国営ひたちなか海浜公園や、県内で1、2の人気を争う阿字ヶ浦海水浴場も一帯にある。ショッピングとリゾートが同時に楽しめる好スポットとしてさらに賑わうのは確実だ。

5月のひたちなか海浜公園(Shun Matrockさん撮影、Flickrより)
Hill of baby blue eyes
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ