牛丼に紅しょうが、のせる?【都道府県別投票】

2016年10月 5日 11:00
紅しょうがをたっぷりのせた牛丼(Yuichi Kosioさん撮影、Flickrより)
iPhone4で撮影

紅しょうがは根ショウガの塊を梅酢に漬けたもの。スライスして細かく切って、料理の付け合わせとして供される。牛丼店の付け合わせと登場する紅しょうがは、今、もっともポピュラーな使用法だろう。牛丼店の多くは、紅しょうがを入れた容器をカウンターに常備している。客は自由に好きなだけ牛丼の上にトッピングできる。

なかには、牛丼以上に紅しょうがを好む「紅しょうがフェチ」もいるという。紅しょうがを食べたいがために、牛丼を注文する、そんな人も......?

また関西では、とくに紅しょうが好まれていると聞く。お好み焼き、タコ焼き、焼きそばなど、紅しょうが必須な料理は多い。なにしろ「紅しょうがの天ぷら」という料理もあるくらいだ。牛丼にもたっぷりと紅しょうがをのせるのが、普通なのだろうか?

Jタウン研究所では、「牛丼に紅しょうが、のせる?」、また地域によってどんな違いがあるのかについて、調査を試みたい。

そこで読者の皆様に質問。

牛丼に紅しょうが、のせる?

以下の選択肢から、お答えいただきたい。結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ