発表!「最も許せないニオイ」ランキング 香水、タバコ、生乾き...ワースト不快臭はどれ?

2019年9月 3日 17:00

汗、香水、生乾き、アルコール、タバコ――。日常生活で遭遇する不快臭の中で、読者が最も「許せない!」と考えるニオイは何だろうか。

そんな素朴な疑問から、Jタウンネットは「許せないニオイ」に関するアンケート調査を実施。代表的な不快臭の中から、最もイヤなものを読者に選んでもらったのだ。調査期間は2019年7月8日から8月28日までで、全国915人の読者から投票があった。

 

はたして、不快臭ナンバーワンに選ばれたニオイは何なのか。ランキング形式でご紹介しよう。

生乾き・汗のニオイがデッドヒート

さっそく、全国の読者から集まった投票結果をご覧いただこう。

town20190903120847.jpg

ご覧の通り、「最も許せないニオイ」のトップに立ったのは、生乾き臭(185票20.2%)だった。2位はわずか1票差で汗のニオイ(184票、20.1%)。どうやら、生乾きと汗のニオイで熾烈なデッドヒートが繰り広げられていたようだ。

僅差のトップ2は、どちらも梅雨~夏場にかけて存在感を発揮する不快臭。今回の投票を呼び掛けた期間(7~8月)も、こうした結果に影響したのだろうか。通勤電車などで遭遇してしまい、その怒りに任せて投票した――そんな人もいたのかも。

また、3位以下のニオイ(香水、お酒、タバコ)と比べると、どちらも時間と共に弱まっていくわけではなく、長く続くという特徴がある。となると、ニオイの持続時間も、「許せなさ」と関係があるのかもしれない。

生乾き臭、キツイですよね...(画像はイメージ)
生乾き臭、キツイですよね...(画像はイメージ)

トップ5以下はだいぶ票差がついており、6位が加齢臭(44票、4.8%)、7位が洗剤・柔軟剤のニオイ(34票、3.7%)。同じ「いいニオイ系」の不快臭でも、柔軟剤より香水の方がニガテという人が多い結果となった。

ちょっと意外?タバコ臭は下位に

ちょっと意外だったのは、同じ嗜好品のカテゴリで、タバコよりもお酒のニオイの方が「許せない」という人が多かった点だ。

ちょっと意外な結果に?
ちょっと意外な結果に?

タバコの煙やニオイをめぐるトラブルは、Jタウンネットの「ご近所トラブル」コーナーなどで何度も紹介してきた。そのため、タバコのニオイを嫌う人はかなり多いと思っていたが、今回の調査ではアルコール臭の方が上に立つ結果に。

だが改めて考えてみると、日本ではアルコールに関する規制がゆるく、公共の場で飲酒をする人も少なくない。新幹線はもちろん、在来線でも缶ビール・チューハイなどを飲む乗客を見かける機会がある。

一方、タバコは分煙が進んでいる。居酒屋ですら、全面禁煙に乗り出す店もあるほどだ。さらに言えば、紙巻タバコと比べてニオイや煙が少ないとされるiQOSやPloom TECHなど加熱式タバコの普及も進んでいる。

煙だけで見ても、こんなに差がある(左はプルーム・テック)
煙だけで見ても、こんなに差がある(左はプルーム・テック)

こうしたアルコールとタバコをめぐる規制環境の違いが、今回の調査結果にも反映されていると言えそうだ。

何はともあれ、キツ~い不快臭は周囲の迷惑になることは確か。生乾きでも香水でもアルコールでも、お互いが気持ちよく過ごせるよう、ニオイには配慮が必要だろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ