お湯割りの作り方、九州人「お湯が先」 関西人「焼酎が先」なのはなぜ?

2015年3月 6日 07:00

日本で古くから親しまれている焼酎(しょうちゅう)は、いろいろな割り方・飲み方がある。何も足さない「ストレート」、ロックグラスに氷を入れて焼酎を注ぐ「オンザロック」、水と氷を入れた「水割り」。
中でも、寒い季節にうれしい飲み方が「お湯割り」ではないだろうか。焼酎ならではの香りを存分に楽しむことができ、作り方次第で味わいは無限に変化する。

このお湯割りについて、お湯を先に入れるべきか、それとも焼酎を先に入れるべきか。Jタウン研究所は、2015年2月6日から3月2日の25日間、「焼酎のお湯割り、先に入れるのは『焼酎』?『お湯』?」というテーマでアンケートを実施した。

設問は、焼酎またはお湯のどちらかを選ぶシンプルな内容で、全国からのべ958人に投票いただいた。
その結果をまとめたのが下の表。「お湯を先に入れる」の割合が高い県ほど青色が、逆に「焼酎が先」では赤色が濃くなっている。アイボリーは50%ずつだった県だ。

全国的に見ると「お湯」が59.1%で、「焼酎」が40.9%。もう少し差が開く=お湯を先に入れる人が多いと編集部は予想していたが、焼酎を先に入れる派が意外に健闘した。

town20150305syochu01.jpg
アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ