東の「ワイシャツ」、西の「カッター」...境界線調査は意外な結果に!?

2014年11月 7日 07:00

シンガーソングライター平松愛理の「部屋とYシャツと私」は、今も歌い継がれる名曲として世に知られている。
神戸出身の彼女なら「部屋とカッターシャツと私」と歌ってもよさそうなものだが、Yシャツ(ワイシャツ)の方が伝わりやすく、また発音しやかったのかもしれない。

カッターシャツという名称は西日本で定着しているといわれるけれども、実際のところはどうなのか。

ドレスシャツとネクタイ(uka0310さん撮影、Flickrより)
スイートテンのプレゼントはワイシャツ&ネクタイでした

Jタウンネットでは2014年9月7日から10月31日までの55日間、「ワイシャツ?カッターシャツ? あなたはどっち?」というテーマでアンケートを実施したところ、全国から786人に投票いただいた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ