阪急、南海、近鉄... 懐かしの「在阪球団」、覚えていますか?【クイズ・9問】

2018年10月10日 11:00

1988年10月19日――。神奈川・川崎球場でロッテオリオンズ対近鉄バファローズのダブルヘッダーが行われ、近鉄が2連勝すればリーグ優勝が決まる状況だ。優勝したい近鉄と意地を見せたいロッテの死闘が繰り広げられた。

その最中、戦前からの歴史がある阪急ブレーブスがオリエント・リース(現:オリックス)に身売りするニュースが飛び込んだ。また、9月には南海ホークスがダイエーに売却。89年から本拠地を大阪から福岡に移した。

88年まで近畿圏を本拠地とする球団が4つもあったが、2004年に近鉄がオリックス・ブルーウェーブに吸収合併され、18年現在は阪神と合わせた2球団まで数を減らした。これらのチームの転機となった年から30年。クイズを通して想い出を振り返る。

阪急ブレーブスの本拠地・阪急西宮球場(Flickrより、nacchan_ktf23さん撮影)
阪急ブレーブスの本拠地・阪急西宮球場(Flickrより、nacchan_ktf23さん撮影)

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ