屋外で楽しむトリックアート第二段! 思わず2度見?斬新な新作アートが登場

2018年9月14日 18:30

2018年9月14日

株式会社 エス・デー / 那須とりっくあーとぴあ

屋外で楽しむトリックアート第二段! 思わず2度見?斬新な新作アートが登場

“TrickArt(トリックアート)”を創造し、企画・制作を行っている株式会社エス・デー(本社:栃木県那須町、代表:清水 弘)は、最新のトリックアート作品である『ふわふわ・・・ふわ?!』を栃木県那須郡那須町にある「那須とりっくあーとぴあ」トリックアートの館にて、2018年夏より展示公開致しました。従来の屋内で写真を撮って楽しむ美術館という概念を超え、トリックアートの次世代を担う新たなコンセプトを打ち出したこの作品は、屋外空間全体を演出する事で、時間や季節の流れとともに変化するオブジェとしての魅力を引き出し、その瞬間でしか感じる事の出来ない唯一無二の世界観を創出しています。無機質で重いコンクリートブロックが緑の中でふわふわと浮かび上がる風景、一方で空気のような存在であるはずの風船がひとつの塊となって地面にのめりこむ光景は、既成概念をくつがえす意外性に満ちていて、お子様から大人までが想像力を掻き立てられる、
夢が膨らむ新たな体感アートの誕生といえます。

[新作の制作背景]
日常の風景の中での非日常空間の発見と驚き、それは当たり前に存在しているモノを再認識する瞬間であり、ごく単純に見える世界の中で脳が捉える錯覚と不思議な体験を同時に実現させる事がトリックアートにおけるキーメッセージと考え、この作品が生まれました。

新作
■作品の特徴について

作品名 『ふわふわ・・・ふわ?!』
重いものがふわふわ浮かび、ふわふわなものが地面にのめりこむ?

前作の「自動販売機とけちゃった」に続き、立体造作物を屋外に設置することで、空間との関係性や、形にとらわれない自由な発想で写真を撮影していただくと同時に、鑑賞するオブジェとしての魅力を感じる事が出来る作品となっています。ここには新たなアートとしての“トリックアート”の世界が広がり、“重力の楽園“を体感していただける異次元空間となっています。



【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809147966-O1-F6WZ82zi

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809147966-O2-xuBEGMIx

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809147966-O3-ZU7E9PLx



完成作品サイズ
コンクリートブロック / 高さ 約1,000×幅 約500×奥行500(mm)
風船 / 直径 約300(mm)

■『ふわふわ・・・ふわ?!』 公開情報
  展示場所: 「那須とりっくあーとぴあ」 トリックアートの館
  公開日:   2018年8月30日

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

全国50の宿の頂点に輝いた料理が...まさに傑作!

水族館

あの人気者、実は国内で2か所でしか会えないんです

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ