広島の繁華街「並木通り」、名前の由来の街路樹が伐採される

2016年4月30日 07:49

[Jステーション-広島HOMEテレビ]2016年4月18日放送のニュースで、広島市が中区の並木通りに植えてあるサワグルミが倒れる恐れがあるため、伐採作業を始めたことを取り上げていました。


4月18日の午前9時半ごろ、高所作業車で木の上の部分に上がった作業員が、のこぎりなどで枝を切り落としていました。

並木通りには、名前の由来になったサワグルミが34本植えられています。ところが市民からの報告もあり、このたび樹木医が調査した結果、内部が腐食したり傾いたりして16本が倒れる恐れがあると判断され、伐採されることになりました。

中区役所維持管理課の山田勝彦課長は、「この街路樹が並木通りという名前の由来にもなっていますので、地元の方の意見を聞きながら進めていきたいと思っております」と話していました。

伐採は、18日から3日間かけて行われ、今後新たな街路樹が植えられる予定です。広島市の中心部にある並木通り。その名前の由来にもなった街路樹が伐採されてしまうのは悲しいですね。またきれいな並木道に戻ることを期待しています。(ライター:haruhana)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ