もなかの「皮」を売ってくれる、福岡のお店が話題に

2016年1月24日 07:25

[めんたいワイド- 福岡放送] 2016年1月11日放送の「ジモトリコ」のコーナーで福岡市南区やよい坂周辺エリアにある気になるお店を紹介しました。

登場したのは「もなかの種」。昨年オープンした、もなかの皮を使った商品を取り扱うお店です。名前の「もなかの種」は業界ではもなかの皮のことを「種」と呼ぶことから、この名前に決まったそうです。

このお店はもなかの皮を使った商品を扱っており、あんこがたっぷりと入った普通のもなかも販売しています。

お店の1番人気は「もなかソフト バニラ」(200円)。もなかの皮の上にソフトクリームがのっていて、コーンよりも軽い食感が人気です。

「もなかの種」で使われている皮は、隣接している「種金」で製造しています。「種金」は昭和24年創業、昔ながらの製法でもなかの皮を作っており、日本全国でも有名なお店に卸しています。

もなかの皮は、もち粉を蒸して餅にし、1センチ幅にカット。これを焼き器に入れて焼くことで、もなかの皮になります。

できたての皮はおせんべいのようにサクサクで、麩菓子のように食べるという人もいるそうです。

もなかの皮をもっと食べて欲しいと、「もなかの種」ではいろいろな使い方を提案しています。特にオススメは、もなかの皮を使ったカナッペです。いろいろなものを入れてそのまま食べることができるので、パーティーなどにオススメだそうです。

ちなみに「もなかの種」(1パック 200円)は販売されており、1パックに12個程度入っているそうです。

もなかって皮がしっとりとしていて口の中に張り付いてしまうのであまり得意ではありませんでしたが、サクサクとした皮は食べてみたいなと思いました。味がないので、いろいろな食べ方が出来るのはいいですね。(ライター:ぴよこ)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ