東海地方の「赤だし」好きに、メーカーや定食チェーンはどう対応している?

2015年8月16日 07:47

[ドデスカ!-名古屋テレビ]2015年8月5日放送の全力リサーチのコーナーで「赤だし」について調査していました。

赤だし(is_kyoto_jpさん撮影、Flickrより)
赤だし

全国のみなさんの印象は?

東海地方では当たり前に飲まれている「赤だし」、東海地方以外の方は一体どう思っているのか名古屋城で聞いてみました。

実際に名古屋城を訪れていた県外の方に飲んでいただくと、赤だし独特の渋みと濃さが受け入れられない様子。

飲食業界は東海地方を特別扱いしているようで、東海地方から西で展開する定食屋「宮本むなし」は、定食につくお味噌汁は愛知・岐阜のみ赤だし。

スーパーでお馴染みの「永谷園」の即席みそ汁「あさげ・ひるげ・ゆうげ」の全国の販売数の割合は、あさげ(合わせ)が60%、ゆうげ(白味噌)30%、赤だしのひるげは10%のみ。実はひるげは東海地方のみの販売で、他の地方では販売すらしていないとのこと。

そもそも赤だしって?

八丁味噌を始めとする東海地方の赤味噌は、大豆を蒸して作る豆味噌。赤だしとは、その豆味噌に米味噌やかつお節などのだしを加えて作るみそ汁のこと。

諸説ありますが尾張で作られた豆味噌が、京都にもともとあった米味噌と合わさって、赤だしと呼ばれるようになったとか。つまり赤だしは関西生まれとも言われているそうです。

そのため今でも西日本では、赤だしが飲まれているとのこと。

しかし東には浸透していません。その理由を食文化に詳しい、名古屋女子大学短期大学部の遠山佳治教授に伺いました。

遠山教授によれば、江戸っ子が好んだのは醤油味の濃い味付けで、すでに濃い味付けのある関東に濃い赤だしは合わないことから浸透しなかったとのこと。

赤だしが好きなのは東海地方の人間ばかり、というのは知っていましたが、こんな歴史があったんですね。全国チェーンのお店も特別体制だ、というのはびっくりです。(ライター:神谷祐美)

東京都 最新記事
2019/2/21

2019年2月21日午前9時過ぎ、Jタウンネット記者は四ツ谷駅近くの三井住友銀行の支店に立ち寄った。入り口に立つ行員に「記念硬貨」と告げると、にこやかにこ...

2019/2/21

自宅近くの路地が、野球少年たちの「練習場」に――。そんなご近所トラブルの投稿をくれたのはOさん(都道府県・年齢不明)だ。路地の奥にあるOさん宅。しかし、そ...

2019/2/21

突然だが、読者の皆様は「田舎暮らし」と「都会暮らし」、どちらを志向しているだろうか。 昨今、「スローライフ」を求めて、田舎へ移住したという人の話はよく耳に...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ