エセ関西弁をネイティブに見破られないコツは?→「接続詞を省く」「さん・ちゃんをつける」そして...

2015年7月 5日 07:43
画像はイメージです(hans-johnsonさん撮影、Flickrより)
Dotonbori GLICO Sign_Dotonbori_Shinsaibashi_Osaka_Kinki_Kansai_Japan_道頓堀ゴリコサイン_道頓堀_心斎橋_大阪_近畿_関西_日本_1

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2015年6月24日放送で、「エセ関西弁」について取り上げていました。

関西人は笑いに厳しいと言われますが、それ以上に違うとイラッとしてしまうのが、関西人以外が使う"エセ関西弁"です。関西弁を第一言語とする皆様は、エセ関西弁にイラッとしてしまいがちだと思いますが、それはしゃーない......というもの、関西弁は実は英語並みに理解するのが難しいというんです!

ドラマなどで関西弁指導を行う一木美貴子さんによると、「録音した関西弁を聞いてもらったり、台本を添削したりしますが、関西弁はみなさん苦労されます」とのこと。

たとえば、関西弁は語尾に「~ねん」を付けますが、標準語で「あした北海道に行く」を関西弁で表現すると「あした北海道に行くねん」となります。ですが過去形の「きのう北海道に行った」を関西弁にすると「きのう北海道に行ったねん」ではなく、「きのう北海道に行ってん」に変わるのです。

この変化形は英語並みに難しくて理解しづらいものだというのです。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ