野沢菜、信州味噌、八幡屋礒五郎... 地元民なら必食?長野への愛が凄まじいご当地カップ麺が存在していた

2020年9月13日 11:00

つるみと弾力のある中太ノンフライ麺

凄麺シリーズおなじみの多加水ノンフライ麺
凄麺シリーズおなじみの多加水ノンフライ麺

麺は中太のノンフライ麺で、麺表面のつるみと強い弾力が特徴の多加水麺食感となっています。信州味噌ラーメンの定義に麺に関するものはありませんでしたが、日清食品時代と今回で見た目や食感にそれほど大きな違いはなさそうです。

「凄麺」シリーズは、多くの商品で多加水麺食感の中太ノンフライ麺が使用されており、信州味噌ラーメン専用の麺というよりは、いつもの凄麺シリーズの麺という印象。濃いめの味噌味スープに対し、太めの麺を合わせることでバランスを取っていました。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ