あなたの隣はどの師匠? 長崎の寄席がコロナ対策に導入した「芸人席」が粋だった

2020年7月 1日 06:00

芸人と観客が一つところに集まり、空気を共有する寄席。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために各地で興行が中止されていたが、徐々に再開されつつある。

長崎県の地方寄席「長崎もってこい寄席」も、2020年6月28日、約4か月ぶりの落語会を開催した。

もちろん、新型コロナ対策をした上での公演なのだが、その客席が「粋」だと注目を集めている。

あの人の名前はピンク色(長崎もってこい寄席のツイッターより)
あの人の名前はピンク色(長崎もってこい寄席のツイッターより)

劇場に備え付けられた椅子には、ひとつおきに紙が貼ってある。

一体何が書いてあるのか。最前列左側から見ていくと、「柳亭こみち」「立川談四楼」「立川志の春」......。そう、これは芸人たちの名前なのだ。

29日、長崎もってこい寄席(@Maekatsu70)のツイッターアカウントは、前日の落語会を振り返りながらこの写真を投稿。

「ソーシャルディスタンスを取る為、客席は市松模様、
『座らないで下さい!×印』ではあまりに事務的で高圧的、だから『芸人席』と称していろんな芸人さんに座ってもらいました」

とこの貼り紙の理由を説明している。観客同士が前後隣に集まって座らないよう、指示するためのものらしい。

ツイートには、

「しん平師匠と喬太郎師匠の間に座りたいwww」
「なんと粋なソーシャルディスタンス
私は、兼好師匠という玉の輔師匠の間がいいな」
「ここに座ったら...と妄想が止まらない」

など、楽しい工夫に感心するコメントが寄せられている。

この粋なアイデアはどんなふうに考え出されたのだろう。

Jタウンネット編集部は30日、長崎もってこい寄席を主催する席亭の前田克昭さん(71)を電話で取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ