速すぎて読めないバス停の「お知らせ」が話題 何がどうしてこうなった?運行会社に事情を聞くと...

2019年12月27日 17:00

速すぎて残像しか見えない――。そんなフレーズがぴったりな動画がツイッターに投稿され、注目を集めている。

ツイッターユーザーのendoizuru(遠藤イヅル)さん(@ie_andre)が2019年12月25日に投稿した、バス停に設置されたデジタルサイネージの映像だ。

動画を再生してみると、「お知らせ」の欄がどうもおかしい。年末・年始に関する情報が発信されているようだが、ものすごいスピードで文字が過ぎ去っていく。

あまりの速さに内容を把握できない「お知らせ」には、

「コンピュータに脳が追いつけなくなる時代がきた。」
「動体視力のトレーニングに最適ですね(笑)」
「昔のニコ動みたい」

といった反応が寄せられている。

なぜこんなことになってしまったのか。Jタウンネット編集部はサイネージを設置した東急バスに話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ