「これってクワガタ~?」 人生で初めて「G」を目撃した道民のリアクションがこちら

2019年10月 1日 20:00

人生ではじめて「G」と遭遇したときのこと――。北海道出身の作者が描いたそんな漫画が、ツイッターで注目を集めている。

作者は「不登校ガール」「ワスレナグサ」などの作品で知られる漫画家・園山千尋(@ychihirooo)さん。

いま話題になっているのは、園山さんが2019年9月29日にツイッターで発表した「道産子の私が上京してはじめてGと遭遇した話」という作品だ。

「G」がほとんどいないと言われる北海道で生まれ育った園山さん。地元にいた頃は、東京の家には必ずGが出現すると思い込んでいたとのことで、様々な情報から上京前は毎晩未だ見ぬGの悪夢にうなされるほどだったという。

だが、いざ上京すると、あれほど恐れていたGと出会うことはなかった。平穏無事な日々を過ごしていたある日、バイト先のイタリアンレストランの壁に黒光りする何かが。大慌てする同僚だが、これを見た園山さんの反応は...。


「道民あるある」らしい

「ねぇねぇ!なんかカブトムシ?クワガタ?いるよ~!」

バイト先で見かけた黒光りする生物を指し、嬉々として同僚に話しかける園山さん。しかし、同僚がその光景を目の当たりにすると、

血相を変えて驚くバイトの人(園山さんのツイートより)
血相を変えて驚くバイトの人(園山さんのツイートより)

思わぬ侵入者にめちゃくちゃ驚いてしまっている。

そう、そこにいたのはカブトでもクワガタでもなく、まぎれもないGそのものだったのである。同僚はすぐさまGをくるむようにして必死に駆け出し、トイレに流してしまった。同僚の一連の行動を見て、

「こいつカブトムシトイレに流した...」

と園山さん。同僚との温度差が笑えてしまう。平然としている園山さんに、

「よくあんなデッカイG見て叫ばなかったね!」

と同僚。これを受けて、あっけらかんとした表情でGとの遭遇を振り返っているイラストがなんともシュールだ。

園山さんのツイートより
園山さんのツイートより

北関東の豪雪地帯出身の筆者も、初めてGと遭遇した時、カブトの仲間だと思ったことが思い出される。このエピソードにはこんな反応が。

北海道出身と見られるユーザーからは「道民あるある」だとの共感の声が。

どうやら似たような経験をしたことがある人は多いようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ