東京人「ういろう...?」名古屋人「すあま...?」 食文化あるある描いたマンガに納得

2019年9月 2日 20:00

ういろうとすあま。読者の皆様は、この2つの和菓子をすぐに思い浮かべることができるだろうか。

いま、両者の知名度に地域差があることを扱ったマンガがツイッターで注目を集めている。

こちらは月刊ComicREX(一迅社)で連載中の「八十亀(やとがめ)ちゃんかんさつにっき」で知られる漫画家・安藤正基さんの投稿だ。

「名古屋あるある」を扱った同作は、東京から引っ越してきた主人公が「地元愛」あふれるヒロインたちと交流を深めていく話だ。アニメ化もされ、2019年6月には第2期の制作も決定した。

今回のエピソードは、作者の安藤さんが公式ツイッターで8月28日に投稿した「互いのもち味」と題されたもの。名古屋のお月見団子の話を発端に「ういろう」と「すあま」のことが話題に上がるのだが、関西と関東では認知度に違いがあるようで...。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ