秋葉原駅の巨大モニタ、3日間「ブルースクリーン」続く異常事態 何があった?JRに聞くと... 

2019年8月27日 18:00

Windowsで何らかのアクシデントが起きた時に見られる「ブルースクリーン」。青い画面に白字のエラーメッセージがずらりと並び、ユーザーを恐怖のどん底に突き落とす。

妙な緊張感が漂うブルースクリーンだが、それがJR秋葉原駅中央改札口付近の壁にかかるディスプレイに表示されていた。しかも、明らかにエラーだと分かるブルースクリーンの状態が丸3日も続いていたというのだ。

ヒヤッとする(画像はツルミロボ@kaztsuさん提供)
ヒヤッとする(画像はツルミロボ@kaztsuさん提供)

2019年8月27日現在は通常の画面に戻っている。大きめのディスプレイに表示されているということもあり、その様子は複数の目撃者がツイッターに投稿している。

これはいったい何だったのか、Jタウンネットは8月27日、JR東日本東京支社の広報担当者に聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ