「ムササビ横断注意」看板が妙にシュール 設置の狙いは?地元団体に聞いた

2019年7月11日 20:00

山間部の道路で見かける「動物注意」の標識。

シカやサル、タヌキなどが描かれるのが一般的だが、長野県軽井沢町には一風変わった動物が描かれた標識がある。

こちらは、ツイッターユーザーのひらち(@hiratira)さんの投稿。軽井沢星野エリアで目撃したこの標識には、飛んでいるムササビのイラストに、

「ムササビ横断注意(夜間)」

との文言が添えられている。

イラストがどこかユルいタッチということもあって、ネット上では「可愛い」「平和っ」「絵のタッチがたまらないです」などの声が上がり、注目を集めている。

話題の標識を設置したのは軽井沢を拠点に野性動植物の調査や自然観察ツアーの主催などを行っている地元企業「ピッキオ」。Jタウンネットは2019年7月10日、標識設置の経緯をピッキオに聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ