そこには、一人の芸術家の人生があった 三重の山奥に残る「陶芸空間」の壮絶な美しさ

2019年7月14日 08:00

三重県の山奥には、一人の芸術家が人生をかけて作り上げた「陶芸空間」がある――。

そんなツイートをきっかけに注目を集めているのが、松阪市の山中にある「陶芸空間 虹の泉」だ。

こちらはツイッターユーザーのあびる(@A_hit_A)さんの投稿。「日本の山奥に存在する異世界」として、西洋風の胸像等が並んだ陶器の庭園の様子を紹介すると、「すごい」「本当に日本かよ」との反応が相次ぎ、話題になっている。

この「虹の泉」は、三重県出身の陶芸家・東健次氏(1938-2013)が亡くなるまでの35年間の歳月をかけて作り続けた作品だ。敷地面積は5800平方メートル。その一面に、東氏の陶芸作品が広がっている。

東氏が亡くなってから6年。今回Jタウンネット編集部は東氏の遺族に改めて話を聞いた――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ