銀座駅に「営団時代」の看板が残っていた! リニューアル工事で「発掘」される

2019年5月11日 08:00

東京メトロが前身の営団地下鉄から民営化されてはや15年になる。営団時代に使われたアイテムもほとんど消え去っているが、東京のど真ん中、銀座駅にまだ残っていた。

ちょっと年季の入った看板が
ちょっと年季の入った看板が

銀座駅A10出口付近で見つけたのがこの看板だ。ここは銀座線と日比谷線のホームへの通路へあたるので、両線への乗客に向けたものだとわかる。一見ただの看板なのだが、現在東京メトロで使われているものとは書体などが微妙に違う。お分かりだろうか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ